学割でお得!

自宅から教習所に通って免許取得をする方法よりも合宿免許のほうが免許取得費用を抑えることが可能ですが、利用する人が学生の場合にはさらにお得に免許を取ることができます。学生であれば、長期休みなど自分でスケジュールを調整することはしやすいと思うので、自動車免許の取得を考えている場合には合宿免許の利用を考えても良いでしょう。

合宿免許の学割では、教習所によって差があります。また、なかには早割やグループ割といった他の割引とも併用することができる教習所もあるようなので調べておきましょう。早割とは、一ヶ月や二か月前など決められた期間までに申し込みをすることで受けられる割引であり、グループ割とは友達と一緒に申しむことで割引かれるものです。これらを組み合わせることでよりお得に合宿免許を利用することができるのでおすすめです。

友人と合宿免許を申し込むことには多くのメリットがあります。教習がない時間に友達と一緒に勉強したり、休日には観光したりと合宿免許をより有意義にすることができるでしょう。学生のうちに免許を取得しておきたいと思っている人も多いので、もしも合宿免許を検討しているのならば友達も一緒に誘ってお得な学割を受けてみてはいかがでしょうか。

早割でお得!

時間と体力とやる気はあるがお金は沢山はないという免許取得希望者に大変人気があるのが、合宿免許システムです。都心の自動車学校の場合、どんなに頑張っても1ケ月で普通自動車免許証を手に入れることは大変難しいです。というのは、都心部の自動車学校は大変混んでいて技能教習(車に乗る練習)の予約がなかなか取れない唐、どうしても待ち時間が長くなってしまうのです。

運転技量の呑み込みのよさとは関係なく必要とされる時間になります。合宿免許の場合、運転技量の呑み込みの良さが、卒業までの時間に反比例すると言えるでしょう。そして金額は抑え気味に設定されていますが、その上、更に下げる手立てして、割引が設定されていることが有ります。

早割ていう割引は、早期に申込みをすれば得をする設定になっています。だいたい、どこの自動車学校でも5000円程度になっていますが、利用しない手は有りません。指定されて日までに申込みを済ませる必要があり、入校日の期間も限定されている場合や、3ヶ月以上前の申込みであったりするので、必ず自動車学校ごとに確認することが大切になります。 これ以外に、割引としては学割がありますし、学校によっては、自動車学校までの旅費を負担してくれたり、都心部からの高速バスのチケットを無料で支給してくれるところもあります。

割引が使える免許合宿

時間的に余裕のある学生さん、主婦を対象にした最短14日で自動車免許を取得する合宿免許が、大変話題になっています。自動車免許は持っていて、当たり前の資格になっていますが、実際は取得するのに大変手間暇のかかる、面倒な資格ではあります。大体、3ケ月から人によっては半年かけて手に入れるのが普通になっています。その為に、都心の自動車学校にかなりの時間とかなりのお金を投入してやっと手に入れるというのが、現実の状況です。

というのは、都心部の自動車学校は大変混んでいて技能教習(車に乗る練習)の予約がなかなか取れないなどの問題があり、なかなか次のレッスンを続けて受けるという事が困難で、腕がなかなか上がらないという事になっているのです。決して自動車学校側としたら、長い間通ってほしいと思っているのではないのですが。現実にはそうなっています。

一方 合宿免許の場合はあらかじめスケジュールが決められているので、なんと、 ATならスムーズにいけば最短14日で卒業することができるのです。また費用面でも、当初に支払った金額から、追加で追い金が必要になる事は、合宿免許ではほとんど発生しません。このあたりが時間はあるがお金はあまりないという若者に合宿免許に人気があつまる理由ではあります。また自動車学校によって、システムが異なりますが、 割引制度をとりいれているところがあるので、最初にきちんとチェックしておきましょう。いわゆる早割と学割がそれに該当します。